即日利用できるキャッシング

atmを利用する男性

キャッシングを申し込む際に気になってしまうことと言えば、やはり、実際のところいつ頃に融資が可能になるのかということではないでしょうか。
これは、キャッシングサービスによりけりで、必ずしも即日の融資となるわけではありません。
しかし、即日利用できるキャッシングは、間違いなく存在しています。

 

キャッシングであれ銀行からの借り入れであれ、ほとんどの場合、融資を受ける為には審査が必須となっています。
この審査の時間の程度によって、即日融資を受けられるのかある程度の日数を要するのかが変わってくるのです。
銀行などの場合は、申込書に記入し書類を揃え、おおよそですが約1週間から2週間程度は必要だと言われています。
しかし、キャッシングは、早い場合で即日の融資、書類などがしっかりと揃っていれば遅くとも数日以内には手続きが完了し、融資を受けることが出来るようになります。

 

そもそもキャッシングのメリットの一つとして、融資までの期間が非常に早い点にあります。
キャッシングサービスのホームページを見れば、審査に必要な書類などを確認することが出来ますので、予め用意出来る分に関しては申し込みの前にしっかりと用意しておきましょう。
それだけ、申し込みの時間を短縮することが出来ます。

 

キャッシング融資までの流れ

スマートフォンを利用する

キャッシング融資までの流れを説明します。
例として、身近なパソコンでの申し込みについて以下ではみていきます。
まず、利用したいサービスのサイトへアクセスし、必要事項を記入します。ここでの情報をもとに審査が行われるので、慎重に記入しましょう。

 

会社側が申し込みに対して審査を行い、その結果がメールもしくは電話にて通知されます。
サービスによりますが最短30分で、申し込みから審査までが完了するとうたっているところも多くあるので、審査にはそれほど時間はかからないと考えてよいでしょう。
審査通知の後に、入会手続きを行います。
この手続きの際に、発行されるカードの受け取り方法を選択します。
受け取り方法は、郵送もしくは街頭に設置されているローン申し込み機で行われることが一般的です。
また、カード発行のないタイプもあるようです。
カードを受け取った後は、必要な書類を返送し、手続きは完了です。

 

次に、実際に融資を受ける場合です。
融資を受ける方法は、自分の口座に振り込んでもらう方法と、提携先のATMで引き出す方法と2種類あります。
前者はあらかじめ振込口座を設定しておく必要があるので、後者のATMを利用するほうが簡単なのではないでしょうか。
以上がキャッシング融資の流れです。意外と簡単に融資を受けることができるのですね。
※詳細は各サービスのHPにてご確認下さい。

 

消費者金融おすすめ会社

 

モビット


モビット

 

モビットが他のサービスに比べて人気なのが、電話なし+郵送物なしのWEB完結申込です。

 

利用条件は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちであること。
WEB完結申込なら、カードなしで利用でき、おまけに電話郵送物なしなので内緒で借り入れをしたい方には特に嬉しいのではないでしょうか。

 

利用にあたっては、10秒で審査結果を表示してくれる事前審査もおすすめです。

 

審査が通過できれば、あとは14:50までに振込手続きを完了することで即日振込みも可能ですよ。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

モビット

 

 

プロミス


プロミス

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。
メディアなどの広告でも頻繁に見かける、知名度の高いサービスですね。

 

しかし、高いのは知名度だけではありません。
サービスの質も高いので、多くの方に利用されています。

 

やはり気になるのは即日借入可能かどうかという点だと思いますが、もちろん可能です。
平日14時までにWEB契約完了すれば、当日振込できますからね。
心配な方はひとまず3秒診断の事前審査で確認してみるのもおすすめです。

 

さらに、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息サービスが利用できますから、プロミスを利用するメリットは大きいですね。

 

学生や主婦の方でも、パートやアルバイトで安定した収入がある場合はお申し込み可能というのもポイントです。

 

プロミス

 

消費者金融の便利な使い方

例えば、こんな時はないでしょうか?

 

その1

結婚式
今月友人の結婚式が3回もあるよ。

 

今月ボーナス払いの引き落としがあるしなぁ。

 

来月だったらよかったのになぁ。

 

 

 

その2

新生活
新しい大学生活、新社会人・・・。

 

部屋探しや生活用品の準備など

 

諸々のまとまったお金が必要だなぁ。

 

でも、新生活始まって、毎月支払いが厳しいのは、困る。

 

上記のような時に、キャッシングサービスは便利に使えると思います。
では、どのように使うかというと、

 

その1では、ご祝儀を例えば3万円だとすると、1回払いでキャッシングすれば、かかる利息も数百円ですみます。
もちろん、各社で利息は違いますが、そんなに大きくは変わりません。
また、社会人になると、ちょっとしたお金が必要な時が、急に訪たりしますよね。そんな時、気軽で便利です。

 

次に、その2では、新生活が始まる時や、新しいスタートを切る時など、必要以上に準備金がかかったりすることがあると思います。
例えば、20万円が必要で借り入れる際は、リボ払いにすることで、月々の支払いを1万円とか2万円とか、一定額での返済が可能になります。
また、ボーナスなどのまとまったお金が入った時にまとめて返済することも可能です。
新生活が始まっても、毎月の支払いに悩むこともない訳ですね。

 

キャッシングサービスにもいろいろ各社で内容が違っています。

 

便利に使える分、しっかりと内容を確認、納得した上で、利用することが非常に重要です。

 

キャッシングの審査とは

審査

キャッシングの審査は基本、収入証明、国が発行する身分証明など細かい書類が必要になります。
その上で、利用規約を読んで、納得したら申し込みをするという形になり、これが一般的です。
ですが申し込んだからと言って必ず使えるというわけではなく細かい審査の結果、通過した方が対象になります。

 

通過した方には、通過したという郵便物が自宅に届いてその日から使用できるようになるのです。
キャッシングの審査の流れはこのような形になるのですが、審査自体は厳しいものからそこまで厳しくないものまで多種多様で、一概にこれという事は言えないのですが、共通して言えることがあります。
それは、返済能力の有無で、これを審査する際には重視され、そのポイントを抑えて書類などを提出すると通りやすくなるのです。

 

審査の内容はこのようなものになっており、把握することで、審査に通りやすい環境を作成する事ができます。
キャッシングは審査を通る事が一番重要な事なので、自分には返済能力があるというアピールが重要なのです。
これからキャッシングの審査を受ける方は返済能力を強くアピールする事をお勧めします。
そうすることで、快適なキャッシングの審査を受ける事ができます。

 

消費者金融の審査の流れ

パソコンで申し込みをする女性

最近は、消費者金融の店頭で申込をする方は減っているそうです。
パソコンやスマートフォンから手軽に申込むことができるのですから、何もわざわざ店頭に出向くことはないということでしょう。
WEBサイトの申込みフォームに、必要な事項を入力して送信すればいいだけと手軽です。
本人確認書類も、サイトでのアップロードか、メールに添付して送信するだけですから以前と比べて非常に簡単になっています。
申込が終了したなら、すぐに審査が行われ、結果がメールで届くため、ほんの2,3分で結果を知ることができるので便利です。

 

消費者金融の審査では、まず申込み時に入力された内容に基づいて判断されます。
申込み内容は、信用情報機関の情報とも照らしあわされ、内容が事実かどうかがここでわかる仕組みになっているのです。

 

日本には、信用情報機関が2つしかありませんから、借りたいばかりに事実ではないことを記入したとしても、信用情報機関の情報と照らし合わせればすぐにわかります。
信用情報機関では、申込者の借入状況や遅延情報が調べられますから、もし複数社からの借入があったり、度重なる遅延情報があると、借入に不利な判断が下されることが多くなるのです。
今までの借入があまりない、遅延情報もない方なら、それほど心配することはありません。
消費者金融の審査の基準は、それぞれの会社によって違いますから、1か所でダメだったからといって、他も全部ダメということはありませんから、諦めずに他をあたれば借入できる可能性もあります。

 

収入を証明するための書類

書類について解説する男性

消費者金融に申込みをする際、基本的に必要となる書類は1つしかありません。
それは、本人を確認する書類です。
つまりは、身分証明のことです。
審査で必要となる書類は、運転免許証や健康保険証、そしてパスポートといったものが代表的。
これが、普通に申込みをする上で必要な書類です。

 

ただし、一部例外で追加の書類が必要となる場合があります。
それは、多くの金額を借りたいと考えている人です。
その「多く」というのがどのくらいの金額かについては、消費者金融によって差があります。
500000円という会社もあれば、100万円という会社もあります。
そして200万円という会社もあるのです。
この金額以上のお金を借りたいという場合、その際に必要となる書類は、「収入を証明する書類」です。

 

では、収入を証明する書類には、どのようなものがあるのでしょうか。
サラリーマンの方でしたら、源泉徴収票を持っていくことがもっとも確実です。
それがない場合、会社に再発行を依頼することも可能ですが、会社に妙に勘繰られるのが嫌だという方は、別の書類でも構いません。
給与明細でもそれは可能ですが、場合によっては直近3か月分くらいを要求される場合もあります。
自営業の方については、給与というものが存在しませんので、確定申告の際の書類などが使える書類です。
なおこの収入を存在するとき、専業主婦が消費者金融の審査を受ける際にも必要です。
ただしこの場合、主婦のではなく、配偶者の収入証明書類が必要となります。

 

消費者金融は計画的に利用しましょう

計画的利用を勧める女性

キャッシングは便利なシステムで何かとお金が必要になる今の世の中では欠かす事が出来ない存在なので、利用されている方も多くなっています。
特に即日キャッシングはその場ですぐにお金を借りれて、さらに一括で期限内の返金することで、利息もつかないので、活用されている方が多いです。
ですが、そんな便利なキャッシングだからこそ心配されているのが、借り過ぎることです。

 

キャッシングは即日であろうと、クレジットカードであろうときちんとお金を返金すると何も問題ない便利なものなのです。
しかし、この便利さあまり、返せばいいと自分の返済能力を超えたお金の借り方をする方も中にはいるのです。
これは頭でわかっていても、すぐにお金が手に入る環境であれば、誰の身にも起こる出来事なのです。

 

そのためキャッシングを利用しだしたら注意する事があり、これをしっかり守る事でキャッシングを快適に利用できます。
注意することですが、それは自分自身にきちんと歯止めをかける対応をすることです。
クレジットカードからなら限度額を設ける事ができるので、ここでリミッターをかける事ができるのですが、即日系だと自分でリミッターを設けないといけないのです。
キャッシングを便利に活用するには借り過ぎない事をしっかり自分に言い聞かせる必要があるのです。

 

ヤミ金被害に遭わない為に

悪徳業者

お金を借りる際、わたしたち利用者にとってその業者が正規の貸金業者か闇金業者なのかの区別はつけにくいものです。

 

闇金とは金融庁が管理している登録貸金業者に登録をしていない業者のことを言います。この登録貸金業者の一覧は金融庁の検索システムで調べることができ(※1)、登録番号を詐称している悪質な業者に関する情報も随時更新されています(※2)。

 

闇金業者からお金を借りる最大のリスクは金利が高いことです。闇金は簡単にお金を貸してくれるかもしれませんが、返済時の金額はわたしたちの想像をはるかに超えるものになることがあります。
出資法では上限金利が定められており、年29.2%までとなっています。これは元本1万円につき1日8円の利息になる計算で、これを超過する貸し付けは出資法の違反で罰則の対象になります。

 

金利がとても高いことが闇金かどうかの一つの目安になりますが、チラシに携帯電話番号と業者名しか記載していない090金融にも注意が必要です。携帯番号を用いた広告は法律で禁止されています。

 

闇金豪奢はもともと法律の枠外で活動をしていますので、脅迫的な取り立てを行うこともしばしばです。

 

お金を借りる際には、闇金業者ではない貸金業者を利用し、返済計画もきちんと行っていきましょう。

 

※1 金融庁「登録貸金業者情報検索入力ページ」
※2 金融庁「違法な金融業者に関する情報について」

 

総量規制の意味と必要性

総量規制について説明する男性

総量規制とは金融庁が定めた貸金業法の中に含まれています。
貸金業法とは、貸金業者やそこからの借り入れについて定められた法律です。

 

貸金業者はお金を貸す業務を行い、財務局または都道府県に登録をしている業者のことをいいます。これには消費者金融やクレジットカード会社などが含まれます。
他にも融資を行っている銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合などがありますが、貸金業者には含まれません。

 

貸金業法は平成18年12月に成立し、平成22年6月18日にからすべての規定が施工されました。
この貸金業法が施工された背景には「多重債務者増加」の問題があります。この多重債務問題を解決することを目的として新しい貸金業法がつくられました。

 

総量規制は借りすぎや貸しすぎを防ぐために作られた規制で、貸金業者からの借り入れ残高が年収の1/3を超えるときは、新たな借り入れが出来なくなりました。
また、借り入れの際には基本的に年収を証明する書類が必要になり、書類には源泉徴収票や給与明細などが含まれます。

 

総量規制とは、安心してお金を借りることができる貸金市場をつくることを目的に、国が施行した法律です。
ヤミ金融は貸金業法に基づいた登録を行った業者ではありませんので、ヤミ金融からの借り入れは行わないでください。